うつ病と戦う
HOME > 周囲の対処法とセルフチェック

周囲の対処法とセルフチェック

うつ病の実態は徐々にではありますが認知され始めています。では実際に職場でうつ病の人がいたら、どのように接するのがよいのでしょうか。最も重要なのは当人がうつ病であることを理解し、過度な負担を与えない、ということに尽きます。また、うつは誰でも罹りうる病気であり、あなた自身も例外ではありません。自身の心の状態というのはどうやって確認するのが良いのでしょうか。

うつと自殺①

「うつ」「自殺」と聴くと話題にでるなかで、多くの方が誤解をしている話があります。 大きく分けると5つのもの誤解があります...

うつと自殺②

"うつの人に対して自殺の話題を避けたり、わざとしないなどという配慮は必要ありません。 うつ病と聴くと、すぐに話をつなげてし...

うつと職場①

うつ病の症状がみられる方が仕事をしている場合のサポートについてですが、まずは職場の方がうつ病についての正しい知識をもつこ...

うつと職場②

うつ病になりやすい場合の要因として、大きく4つの理由が挙げられます。 ①評価が得られにくい環境 どんなに一生懸命に仕事を頑...

うつと働き盛り①

年代別で、悩みが多い年代を調べると40~50歳代の働き盛りの方は、リストラ、いじめ、超過勤務などの悩みを抱え、とくに注...

うつと働き盛り②

年代別で男性の悩みを調べた平成10年の厚生労働省の統計によると、25~34歳の男性で最も多かった悩みは、①仕事上のこと、...

うつ病はこのように発症する

Aさん(男性)を例にたとえて考えてみる。 Aさんは実に真面目な営業マン。最近は、不況もあり、Aさんがどんなに頑張っても成績...

メンタルヘルスの重要性

病気になってしまった場合、うつ病に限らず、どんな病気でも多かれ少なかれ他者に迷惑はかかってしまうものです。だからこそ、...

このページの先頭へ