うつ病と戦う
HOME周囲の対処法とセルフチェック > うつ病はこのように発症する

うつ病はこのように発症する

Aさん(男性)を例にたとえて考えてみる。 Aさんは実に真面目な営業マン。最近は、不況もあり、Aさんがどんなに頑張っても成績は下がる一方。 しかし、真面目なAさんは世の中の不況のせいばかりではなく、自分の努力不足も大きいと考え、自責の念にかられていく。 なんとか自分のグループのメンバーの成績をあげて、皆にやる気をもってもらいたいとAさんは部下にとにかく叱咤激励を続ける。 「よし!明日までに目標数値を前年より高く上げよう!」 Aさんの努力やパワーとは裏腹に、グループのメンバーはどんどんAさんから離れていく。 それは、Aさんが無理な要求を言っているように感じるから。 Aさんは皆の変化には気づくものの、成績をあげようと1人でも頑張ると決意を固める。 その結果、空周りの連続。いつしか、Aさんは肩たたきにあう。 周囲の軋轢が大きくなったうえに成績は変わらず。自分はどうしたら良かったのかわからないまま、Aさんはうつ病となってしまった。

ストレス解消と入浴との関係

ストレス解消に入浴はとても効果的です。熱めのお湯(約42~43℃)は心身をリフレッシュさせたい時にピッタリ。その際は、つかるのは短時間が良いでしょう。また、熱めのシャワーを浴びることも気持ちをスッキリ!したい時にはとても効果的と言えます。 反対に、心や体のリラックスを中心にしたいのであれば、ややぬるめのお湯(約38~40℃)に30分程度ゆっくりとつかって過ごすのがオススメです。 その際、長時間の入浴による心臓への負担を軽減するため、半身浴が特におすすめです。

このページの先頭へ